復縁を叶える恋みくじ・吉凶の順番と意味を調べてみました。

復縁グッズ

初詣でおみくじを引いて復縁を叶えませんか?

意外なほど奥が深く可能性が広い「おみくじ」に親しみましょう

お正月、初詣に行くとよく引く「おみくじ」とは何なのでしょう?

おみくじは占いの一種です。もともと「お告げ」を届ける特別なシャーマンが神の声を受け取り

人々に伝えていましたが、そのようなシャーマンはそうそう都合よく生まれてきません。

そこで天地自然の現す兆しに法則性はないか、神々の声を間接的に見つける方法はないか、これらを整理してマニュアル化したのが「占い」です。

占いの種類
・占星術・四柱推命
・手相
・易
・風水・・ etc
おみくじも、その一つです。
吉凶をそえて、神仏の言葉などを紙に託したものです。おみくじを引いた人は自分で解釈し
「お告げ」を引き出します。

日本のおみくじの三つのルーツ

おみくじには、神社では日本独自の和歌、お寺では中国風の漢詩が書かれている事が多いよう。

  • 漢詩・・・お寺
  • 和歌・・・神社
  • 辻占・・・人々が交錯し常に未知の世界と接している「辻」も異界の入り口とされてきました。その辻に立ち、道行く人の様子や話し声からインスプレーションを得る占い。その後、紙に記されるようになり、お菓子の中に入れた形態が現代にも残っています。

吉凶の順序と意味

やはり最初に見てしまうのは吉凶ですね。一般的な順序としては2パターンあります。

Aパターン

大吉 > 吉> 中吉 > 小吉 > 末吉 > 凶 > 大凶

Bパターン

大吉 > 中吉> 小吉 > 吉 > 末吉 > 凶 > 大凶

たとえ凶でも、本文を読めば希望を見いだせることがあります。

凶が決して悪い事ばかりだとは限りません。

おみくじの引き方

おみくじを引く前に必ず参拝しましょう。

・手水

  1. 右手で杓子を持ち左手を水で清めます
  2. 杓子を左手に持ち替え右手を清める
  3. さらに右手に持ち替えて左手に水を注いで口に含み、口の中を清める
  4. 最後に杓子を縦にし持ち手を洗います。

・参拝

神社は二礼二拍手一礼。

(二回おじぎをして、手を合わせて二回拍手、最後に一回おじぎをする。)

お寺は一回おじぎをして手を合わせ(たたかない)、最後におじぎをするのがしきたりです。

占い(おみくじ)をより効果的なものにする方法

  • 生年月日と質問を念じる
  • 精神統一して無心で引く
  • 占いたいことを具体的にする
  • 吉凶より解説を読み解く

 

目的を持って無心で引くことで書かれた内容を真摯に受け止められます

おみくじにまつわる疑問あれこれ

もう一回ひいちゃダメ?
気に入らない結果が出たら、ついもう一回引いてしまいたくなりますよね。
本当に真剣なら一回きりが望ましいけれど、もやまやした気持ちのときほど、感情に任せて
何度も引いたら、似たような結果が出る事も。。

そんなときは一度立ち止まって深呼吸。素直に前向きに出てきた内容を受け入れましょう。

なお、あくまで同じ場所で同じ種類のおみくじを引く場合の話。いろいろな種類や場所を変えて、いろいろな意見を聞いてみるのもよいかも。要は回数や頻度でななく

「気に入らないからもう一度」という動機が一番いけないのです。

引く回数の規定はないですが、潔く。旅先などで引いて回るのはOK!

おみくじを引いた後どうする?

良いおみくじは、持ち帰り財布の中へ。良くないおみくじは、木の枝に結ばれているのをよくみますね。実際のところどうなんでしょう?

答え=自分の好みで決めてよい。

持ち帰る場合

・壁など部屋の目につく場所に貼る。
・財布やかばんに入れてお守りがわりに。
・ファイルブックなどにスクラップ

持ちかえらない場合

・神社仏閣の木は神聖なものなので木に結ぶのはNG。所定の場所に結びましょう。

・神社仏閣に設けられた専用の場所に納める。お焚き上げで神仏の元に返してくれます。

これが効く!おすすめの恋みくじ

東京のお伊勢さまと言われる「東京大神宮」の恋みくじ

お伊勢さまのご祭神である天照大神(あまてらすすめおおかみ・あまてらすおおみかみ)と豊受大神(とようけのおおかみ・とめうけびめ)、倭比賣命(やまとひめのみこと)が祀られていることで、東京のお伊勢さまと呼ばれています。

日本初の神前結婚式を行った神社です。注目すべきは古今集などから選りすぐった恋の和歌と

四季折々の花の紹介を添えた教養あふれる内容です。

花の香り付きでしおりタイプなのも洒落ています。

恋みくじ(恋人形付き)200円 ※復縁の効果大

おみくじ 100円

恋みくじ 100円

恋文みくじ 200円

華みくじ 200円

英文みくじ 200円

血液型みくじ 200円

どれも可愛くて、乙女心にささります。

昔は東京から伊勢までお参りをするというのは、とても大変なことでした。そこで東京に、伊勢神宮の遥拝殿(そこまで行かなくても、同じ効果を得ることができる場所)として、東京大神宮が創建されたのです。当初は日比谷にあったことから日比谷大神宮とよばれていたそうです。

「恋みくじ」の持っている世界観と引く人自身が響きあった時に物語が完成します。

昔も今も恋愛は女性の大きな関心毎ですが、自分の力だけではどうにもなりません。

そうすると後は神頼みしかありません。恋に悩む人が訪れ、おみくじで恋愛に絞った神仏の言葉をいただくことが、特別な力を持つのでしょう。おみくじを神社仏閣の所定の場所に結ぶことで

「縁結び」と解釈する場合もあります。今の自分にぴったりの言葉を「恋みくじ」で引き当てましょう。

いますぐ、今年の運勢を知りたいなら、自宅に居ながら電話占いもおすすめです。

 

タイトルとURLをコピーしました