2月3日までに葛城一言主神社(かつらぎ ひとことぬしじんじゃ)へ【復縁祈願】に行きましょう。

恋愛・復縁成就スポット

一つだけ願いが叶うならあの人と復縁したい。そんな願いを叶えてくれる「いちごんさん」。

「願い事を一言で願ったら、何でも叶えてあげよう」と聞くと、何をお願いしますか?

私は今の彼と別れてから再会して良い方向へすすむようにと、祈願しに行きました。

すると、すぐに復縁に向けて動き出したのです。「いちごんさん」のおかげ???と

感心した覚えがあります。

全国にある一言主神社の総本社で人々に親しまれている「いちごんさん」

奈良県御所市にある葛城一言主神社(かつらぎ ひとことぬしじんじゃ)は、全国にある一言主神社の総本社です。地元の方々から、願いを何でも叶えてくれる「いちごんさん」として親しまれる神社です。その神さまが鎮座する葛城山は、日本最古の修験道の霊場としても有名です。

「葛城の道」の中ほどにある古い神社です。「願いを一言だけ聞いてくれる神」として有名です。

 

御神木「乳銀杏」は宿り木と呼ばれ子供が授かるという言われがあります。

 

拝殿前には奈良県最大の銀杏の御神木「乳銀杏」があり、境内には「神武天皇が土蜘蛛を封じこめたという石(蜘蛛塚)」があります。白洲正子さんの「かくれ里」でも紹介されています。

これは圧巻です。なるほど、木の幹が乳房のようですね。健康な子供が授かり、お乳の出が良くなりというのも納得です。

冬至から節分まで授与される一陽来復(難転・魔滅)守りは効果絶大

「一陽来復」にはどんな意味があるのでしょうか?

「一陽来復」とは、陰極まって陽が復(かえ)ってくること。即ち運が向いてくることです。良くない事がおこっても、やがて幸運が巡ってくるの意味があります。

幸運が巡ってくる、金銀経済で融通無礙(ゆうずうむげ)の力を得、また難儀に遭遇する時はその魔を滅しこれを福に転じて一年間の無地息災を祈願したお守りです。葛城一言主神社では、冬至の二日前から節分までの毎日授与されています。

※千円支払うと、台紙つきの玄関に貼るお守りと家族分の肌守り(小さいお守り)を、授与されます。

「一陽来復」守りを貼る日と位置

  • 冬至
  • 大晦日
  • 節分の日

のいずれかの夜中十二時に玄関内の恵方にお守りの前面が向くように反対側の柱か壁の最も

高いところにお祀りします。

詳しい説明書が入っているので大丈夫です。

2019年の恵方「東北東」(東より少し北)に向かってお守りを貼りましょう。

肌守りは各自持っておきましょう。

私はお財布の中に入れています。

山から湧き出る清水を使った農作物は、どれも体に染み入る美味しいものばかり。

「この米食べたら他の米は食べられない」販売者自慢の吐田米(はんだまい)

葛城一言主神社の参道で、ひっそりと営む農産物直売所があります。何が売っているのか立ち寄ってみると野菜のほか、吐田米(はんだまい)というお米が売られていました。

金剛・葛城山から湧き出た湧水で栽培された奈良県産ヒノヒカリは、吐田郷(はんだごう)と呼ばれる特別な地区で栽培されたお米です。一度食べたら他のお米は食べられないと言われるほどにリピーターが絶賛するお米だと、販売者の方の御墨つき。

私も購入。白米3キロで1300円でした。

奈良県産ヒノヒカリの半田米(はんだまい)は、つやつやもっちり、納得の味。

早速炊いてみると、炊飯器の湯気がなんとも言えない、良い匂い。

炊きあがってみると、つやつやで、美味しい!「販売者自信をもっておススメ」は本当でした。

リピートしそうです。。

葛城一言主神社アクセス

〒639-2318

奈良県御所市森脇432

電話0745-66-0178

神戸や大阪からもお守りを求めてたくさんの人が訪れます

お守りの授与期間は2月3日までです。せっかくですので、

この期間に行かれる事をおすすめします。

良くない別れがあっても、やがて幸運が巡ってきます。

授与期間の2月3日までに、豊かな自然のある神社へ初詣もかねて、お参りするのもよいですね。

タイトルとURLをコピーしました