【和歌山・淡嶋神社】元彼との復縁や恋愛成就の効果があるパワースポットです。

恋愛・復縁成就スポット

和歌山・淡嶋神社

淡嶋神社は、日本全国に1000社ほどある淡島神社系列の総本社です。和歌山県和歌山市加太にある、人形供養や安産子授け・で有名な神社です。

女性の安産・子授けで有名な神社ですが、この神社で買ったおまもりで「復縁が叶った!」という、人も多いのです。

ご祭神は、少彦名命・大己貴命・息長足姫命(神攻皇后)の三柱。少彦名命は医療の神と言われ、女性の安産・子授け、病気回復にご神徳があり、
大国主社に祀られている「大己貴命」は、縁結びの神として大変有名な神様です。息長足姫命(神攻皇后)が祀られているからか、末社は、女性の願いが叶うところとも言われています。どちらかと言えば、女性にご利益がありそうな淡嶋神社。


可愛い縁結び守りも揃っています。

 

ご祈祷済の肌着もありました。

ご本殿の奥の末社には御祭神と八百万の神が祀られていて、安産・子請授・婦人病等、女性の願いが叶う場所といわれています。
「下着を格子の中へ…」という貼り紙があります。こちらには女性の病に悩む方々が自分の下着を奉納するならわしがあります。
格子の中をそっと覗いてみると…、ほとんどのものがビニール袋や布に包まれて納められているのですが、中にはその場で脱ぎ捨てられたかのようなものも…社務所にはパンツが売られているのは、そのため???(笑)

人形供養のお寺でもあります。

本殿には市松人形さん、縁の下には花嫁人形など、それはもう圧巻です。しかしながら、こちらのお人形さんたち、全く怖くありませんでした。

何というか、全くネガティブなイメージがなくて。ちゃんと供養されているのか、見ていても、かわいらしい表情で、愛らしいです。

ちなみに、この淡嶋神社には、髪の毛が伸びる人形があるらしい。

本当にあります。人形は見てもらったり遊んでもらったりするために生まれてきたものです。そのため人に注目を集めるために何らかの奇怪的な事を起こすことがあります。悪い事を起こす人形はまず、ありません。

淡島神社HP

 

紀国屋文左衛門のみかん船の帆柱。

願い事を唱えながら、この柱の穴をくぐり抜けると、願い事が叶うと言われています。しかし、かなり細い。。細いです(泣)

人形供養の案内がありました。

・雛祭りと淡嶋神社

ひな倉

男びな女びなの始まりは、淡島神社のご祭神である少彦名命と神功皇后の男女一対のご神像であるとされています。また、雛祭りが三月三日になったのは、友ヶ島から対岸の加太へのご遷宮が、仁徳天皇五年三月三日であったことから。雛祭りの語源も、スクナヒコナ祭が後に簡略化されて、ヒナまつりと言われるようになったとされています。歴史ある淡島神社には、長い時代を静かに生き抜いてきた見事な雛人形が、数多く残っています。この多くは、紀州徳川家から奉納されたものです。奥にある白い社には、以前は徳川家より奉納された雛人形が入っていましたが現在は古い雛人形のみを納めています。(紀州徳川家10代藩主治宝建立)

・雛流しの神事
三月三日は、朝から神社のなかは人々の熱気でむせかえります。それぞれの思いや願いと共に、関西はもとより日本全国から境内に女性たちが集まってきます。そして、日が高くのぼった正午、ひな流しの神事がおごそかに始まります。人形に願い事を書き、人形とともに舟に乗せます。

 

塩壷
通称、お歯黒石。この水をはにつけると歯痛が消えたところから身体の痛い部分にこの水をつけると治るとされています。

末社 ご祭神と八百万の神をまつり、安産・子請授・婦人病等、女性の願いが叶うところです。

毎年2月8日に行われる「針供養」の後、針を納める針塚もあります。

恋愛成就のパワースポットで手を合わせましょう!

本殿の裏手にあたる遷使殿(ご祭神の少彦命名の使い神である蛙をまつっています)前から本殿に向かって手を合わせると恋愛が成就するといわれています。

結界が貼ってあり、その下に「パワースポット」とあり、下記の案内があるので、すぐわかります。いかにも効きそうです。

【場所】和歌山県和歌山市加太116

淡嶋神社社務所 TEL : 073-459-0043(AM 9:00 ~ PM 5:00)

■参拝時間:9時から17時

■授与所時間:9時から17時

■お祓いは要予約(安産、子授け、身体、厄除け、良縁、商売、学業、初宮、交通安全等)

■人形受付時間:9時から16時

・受付できない日・・・仏滅の日すべて、12/20~1/3 、2/20~3/3
・人形のみのお預りとなります。
・ガラスケース、箱、道具、付属品etcお預りできません。
・郵送、宅配ではお預りできません。
・供養料(志し)と焼却委託料頂きます。

■有料駐車場あり:参拝者の方30分割引処理します。(駐車券を授与所に提示下さい。)

■宝物殿
・開館日:お電話にてお問い合せ下さい。
・料   金:大人 300円、小人 200円

◆夏祭 7月31日日没より8月3日まで茅輪をくぐり、夏の間の体の健康を祈る祭り。夏越しの祭。持ち帰り用の茅輪を無料で御用意してあるようです。

海の近くの素敵なロケーションで夏のお休みなどにでもぜひ、恋愛復縁祈願に出かけてみませんか?女性の強い味方です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。